ニュース

ドイツのヴォーテマン、GIGA向けWindows PCをEDIXで初公開

「EDIX東京2024」レポート

ヴォーテマン・コンピューター・ジャパンのブース

 ドイツのWortmann AGの日本支社であるヴォーテマン・コンピューター・ジャパン株式会社は、GIGAスクール端末「TERRA MOBILE 360 11v4」を「EDIX東京2024」の同社ブース(小間番号:1-56)で初公開した。Windows 11 Educationを搭載する、11.6型コンバーチブルタイプのノートPCとなる。

 Wortmannは1986年に設立されたハイテクノロジー製品を製造販売する会社。TERRAはWortmannのブランドで、日本国内では液晶ディスプレイなどを一般販売している。TERRA MOBILE 360 11v4は今後、GIGAスクール端末として発売が予定されているという。

GIGAスクール端末「TERRA MOBILE 360 11v4」

 TERRA MOBILE 360 11v4はインテル プロセッサー N100を搭載し、ディスプレイは11.6型(1366×768ドット)。標準搭載メモリーは4GB(最大16GBまで搭載可能)で、増設ではなくオーダーに合わせて4GB、8GB、16GBの仕様で出荷される予定。

 ストレージは128GBのM.2 PCIe SSDで、無線通信はWi-Fi 6とBluetoothに対応、カメラは2Mピクセルと5Mピクセル。バッテリーの駆動時間は約7時間。本体サイズは287×199×19.9mm(幅×奥行×厚さ)で重量は1.32kg。スペック表には記載がないがMIL規格に準拠し、キーボード側からの水が底面に抜ける構造としているなど、耐水性能も高めている。

コンバーチブルタイプで、テントスタイルでも利用できる
背面には折り畳み式の取っ手があり、持ち運びはもちろん、角度を付けるスタンドとしても利用可能
取っ手を持って持ち運びが可能
背面に水抜き穴があり、キーボードに水がかかっても穴から排水される

 インターフェースはHDMI、PD対応のUSB Type-CのほかUSB Type-Aを2ポート用意し、microSDカードスロットが搭載されている。電源のACアダプター端子として、丸型端子も用意されている。

スタンドの角度を変えて利用可能。本体左側のインターフェースはUSB Type-Aが2ポートとmicroSDカードスロット
本体右側には電源ボタンと、イヤホン/マイクのコンボ端子、HDMI、Type-C、ACアダプター端子、ケンジントンロックを装備

 ペンも搭載でき、ホルダーを右側面に装着できる。

本体右側にホルダーを付けてペンを装着できる

 また、保証サービスとして、通常保証とは別のオプションとして、メーカー保証対象外の落下や破損を含めた3年間の保証が受けられる「延長保証サービス」を用意する。

「TERRA MOBILE 360 11v4」のスペック

 展示された端末には日本語キーボードが採用されており、国内販売への本気度が伺える。販売に関しては株式会社グリーンハウスと提携、同社の学校向けECサイトで取り扱う。インターネット接続が可能な状態に設定して納入するサービスもオプションで用意する。

日本語キーボードにペンを装備

 なお、EDIXの同社ブースではTERRAブランドの液晶モニターやノートPC、ゲーミングPCも展示されている。

 27型モニターとセットで展示されている「MOBILE 1517R」は、CPUにインテル Core i5 1335U、15.6型液晶ディスプレイを搭載したノートPC。こちらも日本語キーボードが採用され、日本国内での本格展開を視野に入れた製品となる。

ノートPC「MOBILE 1517R」と27型モニター

 また、タブレットタイプのPCとして「PAD 1162 N5100 W11 Pro」を展示。11.6型ディスプレイとインテル Celeron N5100を搭載するWindows 11搭載機となる。なお、Windowsは日本語設定だが、キーボードは英語キーボードが採用されている。

タブレットタイプのPC「PAD 1162 N5100 W11 Pro」

 ゲーミングPCもブースにラインナップされている。「Gaming PC ELITE 4 BTO」は、CPUにインテル Core i7 14700KFを搭載したデスクトップPC。曲面タイプで44.5型の「LCD/LED 44.5”Curved 32:9」の液晶モニターがセットとなっていた。

ゲーミングPCの「Gaming PC ELITE 4 BTO」と44.5型液晶モニター

 さらにゲーミングPCのノートタイプとして「MOBILE GAMER ELITE 5v3」を展示。CPUにはインテル Core i9 14900HXを搭載、17.3型液晶ディスプレイを搭載しているモデルだ。ブースでは、Bambu Lab製の3Dプリンターと組み合わせてterraのロゴを作成するデモが行われていた。

27型モニター「LCD/LED 2748W」
液晶一体型PC「ALL-IN-ONE-PC 2410 HA White」
「ALL-IN-ONE-PC 2410 HA White」の背面。通常のモニター(画面左)と同等のサイズ感で、液晶回転機構などを備えている

 液晶モニターについては、27型の「LCD/LED 2748W」と画面回転機構を備えた「LCD/LED 2748W PV」、高解像度モデルの「LCD/LED 2775W PV」、23.8型は「LCD/LED 2448W」と画面回転機構を備えた「LCD/LED 2448W PV」さらにホワイトカラーの「LCD/LED 2465W PV White」、そしてホワイトカラーのPC一体型「ALL-IN-ONE-PC 2410 HA White」と数多くの製品が展示されている。